水崎綾の結婚は暗いニュース続きの芸能界に光をさした

不倫や薬物といった暗いニュースが多かった2016年の芸能界ですが、喜ばしいニュースが飛び込んできました。タレント・女優として活躍している水崎綾女さんが、7月11日に以前より交際していた一般男性と結婚されました。お相手の男性は現在27歳の水崎綾女さんより9歳年上の36歳で、省エネ関連販売に携わっているとのことです。

水崎綾女さんの芸能界デビューは、2004年に開催された“第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン”でヤングサンデー賞を受賞したことがきっかけです。その後グラビアで活躍され、バラエティ番組にも数多く出演されていました。女優としても、映画やドラマ、そして舞台と幅広く活動されていました。
女優として転機が訪れたのは、2013年1月に公開された映画「ユダ」への出演です。「ユダ」は元キャバクラ嬢で現在はタレントとして活動している立花胡桃さんの自伝小説を実写化したもので、この映画で水崎綾女さんは主演を務めました。しかし主演というポジションを得るため、水崎綾女さんにある条件が突きつけられました。それは10kg痩せるという過酷なものでした。水崎綾女さんは毎食口にできるのは野菜スープだけという涙ぐましい努力を続け、10kg減量という条件をクリアしたのです。

「ユダ」では未経験のキャバクラ嬢を演じましたが、撮影中はメンタルを保つことにとても苦労をされたそうです。女子高生だった主人公がキャバクラの世界へ飛び込み、ナンバーワンへと上りつめていく主人公の姿に、もともと引っ込み思案の性格の水崎綾女さんは、感情移入することが難しかったようです。しかし撮影が進む中、ナンバーワンとしての自分に自信を持つことで、堂々とした主人公を見事に演じ切りました。

結婚というさらに大きな転機を迎えた水崎綾女さんですが、プライベートで最強の味方を得たことで、今後はさらに活躍の場を広げられることを大いに期待しています。