いぶし銀光る「渡部篤郎」

渡部篤郎さんは今やいぶし銀が光る個性派でありながら演技派でも知られる名俳優です。髪の毛も自然な髪色で、長身で小顔というモデル顔負けのスタイルでドラマや映画では欠かせない俳優の一人になりつつあります。

一番よく知られるようになったのは、モデルでタレントのリカコさんと結婚した時です。この当時は、リカコさんのほうが知名度があり、渡部篤郎さんは役者としてまだ新人の時でした。誰もが羨む美男美女のカップルで、おしどり夫婦でしたが、すれ違いで破局します。しかし、二人の間にできた子供は、お互いが離れて暮らしていても、よくご飯などを一緒に食べるほど、仲は良好です。家族それぞれの幸せのカタチがあるのでしょう。

渡部篤郎さんは1995年、大江健三郎さん原作、伊丹十三さん監督の静かな生活で、障碍者の息子役を演じます。この作品でアカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブルで受賞します。翌年、岩井俊二さん監督のスワロウテイルにも出演し、難解な役をこなし、演技の幅を見せました。

渡部篤郎さんは年齢を重ねるようになってますます渋みが増してきました。佐藤健さんとダブル主演を果たしたドラマなど、親子ほどの年齢差があるのに、決してそうは見えないのは渡部さんが若く見えるからでしょう。刑事などの役が多いですが、実際にこんな渋い刑事がいたらかっこいいでしょう。遅咲きではありますが、今では渋い俳優と言えば、真っ先に名前が挙がるくらいの俳優になり、ずっと活躍されている俳優さんなので、これからも本当に楽しみです。シリアスな役が多いので、コメディタッチのほうも数多く見たいという願望もあります。

渡部篤郎さんは元タレントの方と再婚をしました。年齢を重ねての結婚ですから、一生の伴侶となる人を見つけたのです。元タレントの方ですから、スタイルもルックスも最高です。これまた美男美女です。年齢もリカコさんより若いです。ますます、精力的な活躍が期待されます。